人生儀礼と祭り

日本人は物事の摂目に神社にお参りしたり、我が家に神さまを迎えておまつりしたり、神さまとの関係を大切に生活を営んできました。
子供たちの健やかな成長を祈る初宮詣や七五三詣、結婚式、厄除など、人生の摂目におこなう祭りを人生儀礼といいます。
日本人にもっとも身近な神さまとの出会いの場、そんな人生の祭り-人生儀礼-を紹介しましょう。


初宮

■初宮詣

子供は神さまの恵によって授けられるもの。赤ちゃんが誕生して七日目の「お七夜」に赤ちゃんの名付けをするのが一般的です。
赤ちゃんの名前を神さまに奉告するために命名書を神棚に貼っておくのも習わしです。
赤ちゃんが初めて氏神さまにお参りするのが初宮詣(お宮参り)。誕生後、三十日から百日前後に母方から贈られた晴れ着(祝着)をつけてお参りし、健やかな成長と幸せを祈ります。


七五三

■七五三詣

子供の成長に感謝し、これからの無事を祈って氏神さまにお参りするのが七五三詣です。
三歳は「髪置」と呼ぶ男女とものお祝い、五歳は男子の「袴着」、七歳は女子の「帯解」のお祝いとされています。
一般的には稲の刈り取りを終えた十一月十五日前後にお参りしますが、雪の降る地方では一ヵ月早めておこなうところもあります。


成人式

■成人式

昔、公家や武家では「元服」といって、成人になったことを祝い初めて冠をつける儀式がありました。今では、二十歳になった男女が大人として社会に認められ、祝福をうける日として成人の日があります。

神社でも成人式がおこなわれます。無事に大人の仲間入りができたことを氏神さまに奉告しましょう。


結婚

■結婚式

伊邪那岐命(イザナギノミコト)、伊邪那美命(イザナミノミコト)の二神の夫婦の道に倣った厳粛な人生の門出は結婚式です。

神さまのはからいによって、ひとつの縁が結ばれたことに感謝するとともに、お互いに尊敬し合いながら長い人生を歩み、子供の繁栄をはかっていくことを神前に誓います。


このページの先頭へ

七五三