神社沿革

芽生神社(メム神社)は、縁結び良縁開運厄除けで有名な神社です。

神社名
宗教法人芽生神社
鎮座地
〒074-0015
北海道深川市深川町字メム6号線本通67番地
TEL:09013036822
御創始(ごそうし)
明治27年年5月15日
創始者
浦 典相
宮司
宮司:浦 巌
禰宜:浦 隆一
御祭神
家都御子大神
大国主大神
金刀比羅大神

由緒

「芽生」の文字は縁起が良い。メムはアイヌ語であることは知られておりますが、何時の頃からか分からないが、芽生の漢字が当てられるようになり、神社本殿が落成した明治33年10月4日、芽生(メム)神社と奉称することが決められました。

メムと書くよりも、漢字で芽生と書くことが縁起が良いと言われております。「めぐみ」「めばえ」と読めるからです。芽生(以後 めばえ と読む)は恋が芽生て結ばれた二人に愛の結晶が芽生、子供が誕生し子孫が繁栄することになる。作物は芽生があってこそ実が成る。何事においても芽生が肝心で、事の起こりの意味も含まれております。

明治22年奈良県吉野郡十津川郷を大水害が襲った。明治26年十津川百戸団体が芽生(メム)の地に移住し、開拓したのが開村の端緒であります。移住者は遠く墳墓の地を離れ、親戚知己の縁なき本道に移住したので、厳かな神社が必要であると決議しました。当時、開拓事業を推進した東武氏より嘱託を受けた、元奈良県吉野郡十津川郷士浦典相(ウラ テンソウ)氏が、和歌山県紀伊国官幣大社熊野本宮に参向し、明治27年3月23日家都御子大神の御分霊を拝受し、御神体を捧持して、深川村芽生8号川1線に、同年5月15日に着任、浦典相氏所有地に一小社を設け、ここに御分霊を御遷座奉斎奉仕したのが芽生神社の創始です。よって5月15日を神が芽生に御鎮座した日としております。

芽生神社本殿は、昭和46年5月20日深川市有形文化財に指定されています。 昭和12年拝殿を改築するに当たり本殿について協議、「開拓先人の遺産として本殿は永久に保存し後世に伝うべきである。」と衆議一決し拝殿改築と同時に本殿を永久保存するため屋根を銅板葦とし、その上に風雨霜雪から守る上屋鞘掛(さやかけ)を新築しました。よって現在では社殿の屋外から本殿を見ることは出来ません。

下記のは、写真上-本殿  写真中-拝殿から見た本殿  写真下-浦典相が熊野本宮大社より御神体とともに棒持した御分霊証。現在の様子の動画。

芽生神社本殿画像

芽生神社本殿画像

御分霊証画像

現在の様子を動画で紹介。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

境内の遺産

芽生神社境内は2,223坪の広さがあり、その昔、菊亭脩季候の土地を譲り受け、鎮守の杜として定め永く守られてきています。原始以来の古木や植樹の木で地域唯一の杜であり、由緒ある記念碑、記念物の多くを有しています。
なかでも「菊亭候碑」は、明治43年11月建立され、その後昭和38年一部改修、更に昭和58年、90周年を記念して築山などが修復されています。石碑上部の篆額(てんがく)の揮毫者は、当時の内閣総理大臣・西園寺公望です。そうして一層文化的価値を高めているのは、碑文の文字です。執筆者は明治の近代書道の確立者・日下部鳴鶴(本名・日下部東作)です。これほどの文化的価値がある石碑は北海道にはないであろうと思われます。

「境内の遺産」の閲覧方法

  • 「境内の遺産」の画像をクリックして頂くと背景が暗転し、別ウィンドウで原寸の画像が開きます。 画像中間あたりの側面にカーソルを合わせると「PRVE」「NEXT」が出ます。確認が終わったら「CLOSE」で閉じて下さい。

このページの先頭へ

芽生神社画像