神社参拝作法

神社での、正式な参拝作法について御紹介します。拝礼の作法、手水の作法、玉串の作法を、お参りの参考にしてください。上記は、拝礼作法の動画です。

鳥居をくぐる前には会釈をしてから、清らかな気持ちで境内に入りましょう。

下記は、手水の作法を説明しているアニメーションです。

下記は、玉串の捧げ方を説明しているアニメーションです。

下記は、玉串の作り方を説明しているアニメーションです。三角印をクリックしてください。


手水舎画像

■手水の作法
・ 神社の境内にある、神社参拝者が身を浄めるための施設を手水舎と言います。 参拝の前には、以下のようにして手と口を清めます。
(1)まず右手に柄杓(ひしゃく)を持ち、左手を洗い清めます。
(2)柄杓を左手に持ち替えて右手を清めます。
(3)再び持ち替えて柄杓を右手に持ち、左のてのひらで水を受けて口をすすぎます。柄杓に口をつけて口をすすいでは、いけません。
(4)左の手のひらを清めます。(5)最後に柄杓を縦にして、自分が持った柄の部分に水を流し、元の位 置にもどします。


玉串の画像

■玉串の作法
・神社で祈願するときやお祭りをおこなうときには、神さまに玉串(たまぐし)という榊(さかき)の枝を捧げます。
(1) 右手で榊の元(根本)の方を上から、左手で先の方を下から支え胸の高さに、やや左高に、少し肘を張って持ちます。
(2)玉串の先を時計回りに90度回します。
(3)左手を下げて元を持ち、祈念をこめます。
(4)右手をはなして、玉串をさらに時計回りに回し、玉串の中程を下から支えます。
(5)玉串を玉串案(台)に置き、拝礼の作法でお参りします。

※ 参拝作法・参考ウエブサイト 「神社本庁・参拝作法」


お神札と神棚のまつり方

お神札と神棚のまつり方について

神棚画像

昔から日本人は、生活に欠かすことのできない、大切な場所に神さまをおまつりしてきました。
家の中でおまつりするために設けられたのが神棚です。棚におまつりすることは、神聖で尊いものを他から区別するという意味があります。

このページの先頭へ

参拝画像